魅惑的な生命保険
ホーム > 注目 > 頭の生え際が後退していたのでM字ハゲに釘付けになった

頭の生え際が後退していたのでM字ハゲに釘付けになった

僕の中学時代なので、もう15年ぐらい前になりますが、その時に体育の教師をしていたのがF先生でした。 F先生はいわゆる飴と鞭を使い分ける人で、普段は関西弁のノリの良いキャラだけど、怒る時はとても厳しい先生でした。

そんなF先生は当時まだ30代でしたが、ツルッパゲではないけど頭の生え際が後退しているM字ハゲでした。 そんなある日、僕は陸上の用具をちゃんと片付けるのを忘れて、ほったらかしにしてしまったので、F先生の雷が落ちる事態になりました。

この先生は、ちゃんと理屈を通して怒るし、今回の場合は100%自分が悪いので、怒られて当然だけど、きつく叱られるので、中学生の僕は、かなりへこみつつ、F先生の説教を聞いていると、僕の視線は、F先生のM字ハゲに釘付けになってしまいました。

そのワケは、彼のM字ハゲと髪の毛がまだある部分の中間地点が、血が上って、真っ赤に硬直していたからです。 それを見ていると、この先生は、残り少ない髪の毛を犠牲にしながら、怒っているんだと、なんか切ない気分になってしまいました。

それ以後も、F先生の厳しさは相変わらずでしたが、自分はかなり頑張って、キチンと片付けや挨拶をするようになりました。

M字の発毛回復と育毛剤